大好きなおばあちゃん


今日大好きなおばあちゃんが亡くなりました。

92歳でした。

しっかりもののおあばちゃんは最後までボケることなく、腰も曲がらず、寝たきりにならずに亡くなりました。

家の目の前に住んでいたおばあちゃん。

毎日孫の私に会いに来てくれて、おしゃべりしていました。

「お茶でも行くかん?」

と誘われてよく喫茶店にも行きました。

ひ孫のこともよく見てくれました。

最後亡くなるときも、孫とひ孫が病室に着くのを待っていたかのように、

私達が病室に着いて、声をかけると間もなく亡くなりました。

おばあちゃんの味噌汁が大好きでした。

赤味噌濃いめの具だくさんな味噌汁。

この1杯で本当に元気が出ます。

おばあちゃんが毎年お正月に作ってくれたおせち料理も大好きでした。

ちょっと焦げたたつくりに、あまーい栗きんとん、甘じょっぱいだし巻き卵。

でもめちゃめちゃ美味しいんです。

私が高校生の時は、毎日おばあちゃんの家に行って朝ごはんを食べていました。

朝から栄養満点の朝ごはんを食べることで一日元気いっぱいで過ごせました。

あと、おばあちゃんはカラオケが好きでよく一緒に行きました。

地元のカラオケ大会にも出場するほど、歌が好きでした。

旅行も好きで、還暦してからは毎週のように友だちと一緒に旅行に出かけていました。

旅行の度に毎回大量のお土産を買ってきてくれて、それがとても楽しみでした。

おばあちゃんとの思い出は話せばきりがありません。

おばあちゃん大好きだよ!

天国から私たちを見守っていてね!

おばあちゃんありがとう!!




Copyright © ゆうじの気まぐれ日記 All Rights Reserved.